電気学会 電気規格調査会 電気専門用語集の販売サイト

電気専門用語集(WEB版)






用語集No. 22


用語番号用語
1 機械一般
1.1電気機械
1.1.01電気機器
1.1.02電気機械
1.1.03回転電気機械(回転機)
1.1.04リニア電気機械(リニア機)
1.1.05直流機
1.1.06交流機
1.1.07鉄機械
1.1.08銅機械
1.1.09横形機
1.1.10立て形機
1.1.11単極機
1.1.12単極直流機
1.1.13異極機
1.1.14多極機
1.1.15整流子機
1.1.16無整流子機
1.1.17直流整流子機
1.1.18同期機
1.1.19非同期機
1.1.20誘導機
1.1.21交流整流子機
1.1.22単相整流子機
1.1.23三相整流子機
1.1.24誘導子機
1.1.25単相機
1.1.26多相機
1.1.27突極機
1.1.28非突極機
1.1.29円すい回転子機
1.1.30水素冷却形電気機械
1.1.31水中形電気機械
1.2 発電機
1.2.01発電機
1.2.02直流発電機
1.2.03交流発電機
1.2.04同期発電機
1.2.05単相発電機
1.2.06三相発電機
1.2.07正弦波発電機
1.2.08高周波発電機
1.2.09タービン形発電機
1.2.10タービン発電機
1.2.11水車発電機
1.2.12エンジン発電機
1.2.13はずみ車式発電機
1.2.14発電電動機
1.2.15誘導発電機
1.2.16誘導子発電機
1.2.17直巻発電機
1.2.18分巻発電機
1.2.19複巻発電機
1.2.20和動複巻発電機
1.2.21平複巻発電機
1.2.22三線式発電機
1.2.23交さ界磁発電機
1.2.24定電圧発電機
1.2.25加減電圧発電機
1.2.26多段電圧発電機
1.2.27定電流発電機
1.2.28磁石発電機
1.2.29マグネト発電機
1.2.30他励発電機
1.2.31速度計用発電機
1.2.32励磁機
1.2.33主励磁機
1.2.34副励磁機
1.3 電動機
1.3.01電動機
1.3.02交直両用電動機
1.3.03直流電動機
1.3.04交流電動機
1.3.05単相電動機
1.3.06多相電動機
1.3.07整流子電動機
1.3.08他励電動機
1.3.09分巻電動機
1.3.10直巻電動機
1.3.11複巻電動機
1.3.12和動複巻電動機
1.3.13磁石電動機
1.3.14同期電動機
1.3.15塊状(磁極)同期電動機
1.3.16かご形(巻線付)同期電動機
1.3.17誘導同期電動機
1.3.18巻線形始動同期電動機
1.3.19超同期電動機
1.3.20誘導子形同期電動機
1.3.21リラクタンスモータ
1.3.22ヒステリシスモータ
1.3.23ワーレンモータ
1.3.24誘導電動機
1.3.25かご形誘導電動機
1.3.26特殊かご形誘導電動機
1.3.27深溝かご形誘導電動機
1.3.28二重かご形誘導電動機
1.3.29巻線形誘導電動機
1.3.30極数切換電動機
1.3.31単相誘導電動機
1.3.32分相誘導電動機
1.3.33分相始動誘導電動機
1.3.34コンデンサモータ
1.3.35コンデンサ始動誘導電動機
1.3.36コンデンサ誘導電動機
1.3.37コンデンサ始動コンデンサ誘導電動機
1.3.38反発始動誘導電動機
1.3.39くま取りコイル誘導電動機
1.3.40交流整流子電動機
1.3.41交流直巻電動機
1.3.42交流分巻電動機
1.3.43シュラーゲモータ
1.3.44単相直巻電動機
1.3.45反発電動機
1.3.46デリモータ
1.3.47補償反発電動機
1.3.48一般用電動機
1.3.49特定用途電動機
1.3.50特殊用途電動機
1.3.51標準寸法電動機
1.3.52分数馬力電動機
1.3.53定速度電動機
1.3.54変速度電動機
1.3.55多段速度電動機
1.3.56多段定速度電動機
1.3.57多段変速度電動機
1.3.58加減速度電動機
1.3.59加減定速度電動機
1.3.60加減変速度電動機
1.3.61トルクモータ
1.3.62ステッピングモータ
1.3.63サーボモータ
1.3.64始動電動機
1.3.65可逆電動機
1.3.66リニアモータ
1.4 特殊機
1.4.01電気動力計
1.4.02昇圧機
1.4.03逆昇圧機
1.4.04同期昇圧機
1.4.05発電動機
1.4.06調相機
1.4.07同期調相機
1.4.08非同期調相機
1.4.09進相機
1.4.10電動発電機(セット)
1.4.11変換機
1.4.12回転変流機
1.4.13周波数変換機
1.4.14整流子周波数変換機
1.4.15誘導周波数変換機
1.4.16誘導子周波数変換機
1.4.17周波数変換機(セット)
1.4.18同期周波数変換機(セット)
1.4.19相数変換機
1.4.20複流発電機
1.4.21二巻線同期発電機
1.4.22電気継手
1.4.23誘導継手
1.4.24ヒステリシス継手
1.4.25電磁粉体継手
1.4.26静電クラッチ
1.4.27電磁クラッチ
1.4.28電磁ブレーキ
1.4.29渦電流ブレーキ
1.4.30歯車付電動機
1.4.31クラッチ付電動機
1.4.32シンクロ
1.4.33シンクロ装置
1.5 制御回転機
1.5.01〔ワード・〕レオナード方式
1.5.02ワード・レオナード発電機(セット)
1.5.03イルグナ方式
1.5.04イルグナ発電機(セット)
1.5.05クレーマ方式
1.5.06拡張クレーマ方式
1.5.07静止クレーマ方式
1.5.08増幅発電機
1.5.09直並列制御方式
1.6 修飾語
1.6.01他励
1.6.02自励
1.6.03複合励磁
1.6.04分巻
1.6.05直巻
1.6.06複巻
1.6.07内分巻
1.6.08外分巻
1.6.09和動複巻
1.6.10差動複巻
1.6.11過複巻
1.6.12平複巻
1.6.13不足複巻
1.6.14安定分巻
1.6.15ブラシレス
1.6.16タービン形
1.6.17定格
1.6.18分相
1.6.19二整流子
2 巻線と電気・磁気回路
2.1 巻線と巻線構造
2.1.01巻線
2.1.02主巻線
2.1.03補助巻線
2.1.04固定子巻線
2.1.05回転子巻線
2.1.06電機子巻線
2.1.07一次(電機子)巻線
2.1.08二次(電機子)巻線
2.1.09相巻線
2.1.10制動巻線
2.1.11短絡巻線
2.1.12始動巻線
2.1.13励磁巻線
2.1.14界磁巻線
2.1.15補極巻線
2.1.16補償巻線
2.1.17制御巻線
2.1.18分巻巻線
2.1.19直巻巻線
2.1.20安定巻線
2.1.21かご形巻線
2.1.22亀甲形巻線
2.1.23型巻巻線
2.1.24部分型巻巻線
2.1.25乱巻巻線
2.1.26環状巻
2.1.27鼓状巻
2.1.28集中巻
2.1.29分布巻
2.1.30全節巻
2.1.31短節巻
2.1.32長節巻
2.1.33階段巻
2.1.34同心巻
2.1.35鎖巻
2.1.36重ね巻
2.1.37波巻
2.1.38かえる足巻
2.1.39進み巻
2.1.40単層巻
2.1.41二層巻
2.1.42単重巻
2.1.43二重巻
2.1.44単重重ね巻
2.1.45単重波巻
2.1.46二重重ね巻
2.1.47二重波巻
2.1.48多重重ね巻
2.1.49多重波巻
2.1.50単口巻
2.1.51二口巻
2.1.52整数スロット巻
2.1.53分数スロット巻
2.1.54対称分数スロット巻
2.1.55スロットピッチ
2.1.56コイルピッチ
2.1.57前ピッチ
2.1.58後ピッチ
2.1.59合成ピッチ
2.1.60磁極ピッチ
2.1.61巻線ピッチ
2.1.62整流子ピッチ
2.1.63巻線係数
2.1.64分布係数
2.1.65短節係数
2.1.66斜めスロット係数
2.1.67ターン
2.1.68巻数
2.1.69毎相有効巻数
2.1.70コイル
2.1.71単位コイル
2.1.72ハーフコイル
2.1.73コイル辺
2.1.74コイル端
2.1.75巻線端部
2.1.76スロット内コイル辺
2.1.77端絡環
2.1.78平打巻コイル
2.1.79平巻コイル
2.1.80型巻コイル
2.1.81界磁コイル
2.1.82電機子コイル
2.1.83くま取りコイル
2.1.84変形コイル
2.1.85遊びコイル
2.1.86相帯
2.1.87タップ
2.1.88
2.1.89転位
2.1.90三角結線・△結線
2.1.91星形結線・Y結線
2.1.92千鳥星形結線
2.1.93電機子回路
2.1.94一次回路
2.1.95二次回路
2.1.96均圧結線
2.1.97均圧母線
2.2 絶縁
2.2.01導体絶縁
2.2.02素線絶縁
2.2.03ターン絶縁
2.2.04ターン間絶縁
2.2.05コイル絶縁
2.2.06相間絶縁
2.2.07バインド下絶縁
2.2.08巻線端部層間絶縁
2.2.09磁極絶縁
2.2.10巻線端部支え絶縁
2.2.11軸貫通リード絶縁
2.2.12コロナ防止
2.2.13高抵抗コロナ防止
2.2.14コイル辺セパレータ
2.2.15スロット間隔片
2.2.16スロットライナー
2.2.17巻線端部間隔片
2.2.18巻線端部くし形間隔片
2.2.19界磁コイル絶縁フランジ
2.2.20巻線端部支え
2.3 磁路と鉄心構造
2.3.01鉄心
2.3.02積層鉄心
2.3.03塊状鉄心
2.3.04固定子鉄心
2.3.05回転子鉄心
2.3.06電機子鉄心
2.3.07界磁鉄心
2.3.08補極鉄心
2.3.09鉄心長
2.3.10鉄心端板
2.3.11界磁極
2.3.12主磁極
2.3.13補極
2.3.14非突極
2.3.15突極
2.3.16磁極胴部
2.3.17磁極片
2.3.18磁極端
2.3.19磁極面
2.3.20磁極弧
2.3.21磁極端板
2.3.22磁極前端
2.3.23磁極面の傾斜部分
2.3.24磁極面の整形部分
2.3.25継鉄
2.3.26ギャップ
2.3.27(最小)ギャップ長
2.3.28スロット
2.3.29斜めスロット
2.3.30全閉スロット
2.3.31半閉スロット
2.3.32開放スロット
2.3.33ダブテール
2.3.34
2.3.35歯端板
2.3.36ダクト片
2.3.37電機子鉄板
2.3.38磁性くさび
2.3.39カータ係数
2.3.40占積率
2.4 ブラシ装置,スリップリング,整流子,端子
2.4.01ブラシ
2.4.02炭素ブラシ
2.4.03黒鉛質ブラシ
2.4.04電気黒鉛質ブラシ
2.4.05金属化黒鉛ブラシ
2.4.06金属黒鉛ブラシ
2.4.07金属ブラシ
2.4.08分割ブラシ
2.4.09ピグテール
2.4.10ブラシ保持器
2.4.11ブラシ箱
2.4.12ブラシばね
2.4.13ブラシ保持器支え
2.4.14ブラシロッカ
2.4.15ブラシロッカ取付わく
2.4.16ブラシロッカ調整装置
2.4.17ブラシの傾き
2.4.18ブラシの進み
2.4.19ブラシの遅れ
2.4.20ブラシスタガ
2.4.21フラッシバリヤ
2.4.22スリップリング
2.4.23整流子
2.4.24整流子片
2.4.25整流子胴
2.4.26整流子環
2.4.27整流子ライザ
2.4.28整流子V形リング
2.4.29整流子V形絶縁
2.4.30整流子片間絶縁
2.4.31ハイマイカ
2.4.32アンダーカット
2.4.33すり接触
2.4.34チャタリング
2.4.35端子
2.4.36スタッド端子
2.4.37板状端子
2.4.38端子箱
2.4.39端子板(台)
2.4.40端子記号
3 機械構造
3.1 軸受と潤滑
3.1.01軸受
3.1.02滑り軸受
3.1.03スリーブ軸受
3.1.04分割スリーブ軸受
3.1.05パッド(形)軸受
3.1.06チルチングパッド軸受
3.1.07ころがり軸受
3.1.08玉軸受
3.1.09ころ軸受
3.1.10スラスト軸受
3.1.11ラジアル軸受
3.1.12ジャーナル軸受
3.1.13案内軸受
3.1.14自己潤滑軸受
3.1.15オイルリング軸受
3.1.16ディスク潤滑軸受
3.1.17強制潤滑軸受
3.1.18オイルリフト軸受
3.1.19固定式軸受
3.1.20球面座式軸受
3.1.21カートリッジ形軸受
3.1.22プラグイン形軸受
3.1.23ペデスタル軸受
3.1.24油切り
3.1.25オイルシール
3.1.26ガスシール
3.1.27防じんシール
3.1.28軸受台金
3.1.29軸受ライナ
3.1.30軸受ライニング
3.1.31軸受ハウジング
3.1.32絶縁軸受ハウジング
3.1.33軸受ブラケット
3.1.34絶縁付軸受台
3.1.35軸受台
3.1.36油みぞ
3.1.37軸受すきま
3.1.38軸受圧力
3.2 機械構造
3.2.01固定子
3.2.02回転子
3.2.03塊状回転子
3.2.04かご形回転子
3.2.05巻線形回転子
3.2.06電機子
3.2.07スロット付電機子
3.2.08平滑電機子
3.2.09界磁
3.2.10
3.2.11ジャーナル
3.2.12軸延長
3.2.13軸端
3.2.14副軸
3.2.15スタブ軸
3.2.16スペーサー軸
3.2.17たわみ軸
3.2.18クイル軸
3.2.19キー
3.2.20フランジ継手
3.2.21ベルト
3.2.22ベルト駆動
3.2.23ベルト車
3.2.24スパイダ
3.2.25セグメントリム形回転子
3.2.26保持環
3.2.27保持環の端板
3.2.28ベース
3.2.29外被
3.2.30バインド
3.2.31くさび
3.2.32エンドシールド
3.2.33コイル端カバー
3.2.34固定子枠
3.2.35箱形固定子枠
3.2.36スケルトン枠
3.2.37回転可能固定子枠
3.2.38スライド式固定子枠
3.2.39寸動装置
3.3 冷却
3.3.01冷却
3.3.02一次冷媒
3.3.03二次冷媒
3.3.04熱交換器
3.3.05直接冷却(内部冷却)巻線
3.3.06開路冷却
3.3.07閉路冷却
3.3.08非常-予備用冷却
3.3.09自力形循環装置
3.3.10他力形循環装置
3.3.11ファン外被
3.3.12ファン囲い板
3.3.13鉄心ダクト
3.3.14エアガイド
3.3.15通風
3.3.16通風ダクト
3.3.17自冷形
3.3.18自力形
3.3.19他力形
3.3.20自由通風形
3.3.21入口管通風形
3.3.22出口管通風形
3.3.23両側管通風形
3.3.24外被表面冷却形
3.3.25外被表面冷却自力形
3.3.26外被表面自冷形
3.3.27熱交換器形1種
3.3.28空冷熱交換器形
3.3.29熱交換器形2種
3.3.30水冷熱交換器形
3.4 回転機の外被
3.4.01無保護形
3.4.02半保護形
3.4.03保護形
3.4.04全閉形
3.4.05防じん形
3.4.06防滴形
3.4.07防雨形
3.4.08防まつ形
3.4.09防噴流形
3.4.10防波浪形
3.4.11防浸形
3.4.12水中形
3.4.13密封形
3.4.14空気(ガス)(水)(液体)内封形
3.4.15内圧形
3.4.16エンカプスレイト
3.4.17キャンド
3.4.18防爆構造
3.4.19耐圧防爆構造
3.4.20内圧防爆構造
3.4.21安全増防爆構造
3.4.22粉じん防爆構造
4 回転機特性と電気諸量
4.1 特性
4.1.01磁化特性
4.1.02飽和特性
4.1.03無負荷飽和特性
4.1.04負荷飽和特性
4.1.05零力率飽和特性
4.1.06短絡特性
4.1.07V曲線特性
4.1.08拘束インピーダンス特性(非同期機)
4.1.09電圧変動特性
4.1.10速度変動特性
4.1.11出力-負荷角特性
4.1.12周波数応答特性(交流機)
4.1.13円線図
4.2 電気・磁気的諸量と定数・係数
4.2.01アンペア導体数(分布巻線)
4.2.02アンペアターン
4.2.03電気装荷
4.2.04磁気装荷
4.2.05電機子反作用
4.2.06無負荷誘導起電力
4.2.07誘導起電力
4.2.08変圧器起電力
4.2.09速度起電力
4.2.10逆起電力
4.2.11起磁力
4.2.12直軸分起磁力
4.2.13横軸分起磁力
4.2.14磁気回路
4.2.15磁路
4.2.16磁気飽和
4.2.17回転磁界
4.2.18移動磁界
4.2.19歯部磁束密度
4.2.20減磁アンペアターン
4.2.21主磁束
4.2.22磁気漏れ磁束
4.2.23スロット漏れ磁束
4.2.24歯端漏れ磁束
4.2.25ベルト漏れ磁束
4.2.26千鳥漏れ磁束
4.2.27コイル端漏れ磁束
4.2.28対称分
4.2.29正相分
逆相分
零相分
4.2.30二反作用法
4.2.31直軸
4.2.32横軸
4.2.33ギャップ電圧
4.2.34内部同期リアクタンス電圧
4.2.35直軸内部リアクタンス電圧
4.2.36横軸内部リアクタンス電圧
4.2.37直軸分電圧
4.2.38横軸分電圧
4.2.39直軸過渡電圧
4.2.40直軸初期過渡電圧
4.2.41横軸過渡電圧
4.2.42横軸初期過渡電圧
4.2.43一次電圧
4.2.44二次電圧
4.2.45スロットリプル
4.2.46負荷電流
4.2.47電機子電流
4.2.48直軸分電流
4.2.49横軸分電流
4.2.50界磁電流
4.2.51横流
4.2.52同期化電流
4.2.53無負荷電流
4.2.54磁化電流
4.2.55一次電流
4.2.56二次電流
4.2.57最大拘束電流
4.2.58始動電流
4.2.59ピーク突入電流
4.2.60突発短絡電流
4.2.61短絡電流の直流成分
4.2.62最大短絡電流
4.2.63短絡初期過渡電流
4.2.64短絡過渡電流
4.2.65初期対称短絡電流
4.2.66持続短絡電流
4.2.67軸電流
4.2.68回転速度
4.2.69同期速度
4.2.70基底速度
4.2.71無負荷速度
4.2.72危険速度
4.2.73ねじり振動危険速度
4.2.74臨界立上り速度
4.2.75滑り
4.2.76滑り周波数
4.2.77同期ワット
4.2.78定格(負荷)トルク
4.2.79最小拘速トルク
4.2.80始動開始負荷トルク
4.2.81始動トルク
4.2.82加速トルク
4.2.83プルアップトルク
4.2.84引入れトルク
4.2.85公称引入れトルク
4.2.86停動トルク
4.2.87脱出トルク
4.2.88制動トルク
4.2.89同期インピーダンス
4.2.90非同期インピーダンス
4.2.91正相インピーダンス
4.2.92逆相インピーダンス
4.2.93零相インピーダンス
4.2.94漏れインダクタンス
4.2.95漏れリアクタンス
4.2.96実効同期リアクタンス
4.2.97電機子反作用リアクタンス
4.2.98直軸同期リアクタンス
4.2.99直軸過渡リアクタンス
4.2.100直軸初期過渡リアクタンス
4.2.101横軸同期リアクタンス
4.2.102横軸過渡リアクタンス
4.2.103横軸初期過渡リアクタンス
4.2.104ポーシェリアクタンス
4.2.105正相リアクタンス
4.2.106逆相リアクタンス
4.2.107零相リアクタンス
4.2.108正相抵抗
4.2.109逆相抵抗
4.2.110零相抵抗
4.2.111励磁アドミタンス
4.2.112励磁コンダクタンス
4.2.113励磁サセプタンス
4.2.114励磁インピーダンス
4.2.115臨界(立上り)抵抗
4.2.116直軸開路時定数
4.2.117直軸短絡過渡時定数
4.2.118直軸開路初期過渡時定数
4.2.119直軸短絡初期過渡時定数
4.2.120横軸開路時定数
4.2.121横軸短絡過渡時定数
4.2.122横軸開路初期過渡時定数
4.2.123横軸短絡初期過渡時定数
4.2.124電機子時定数
4.2.125界磁時定数
4.2.126開路時定数
4.2.127内部相差角
4.2.128短絡比
4.2.129同期化力
4.2.130安定度
4.2.131安定極限電力
4.2.132定態安定度
4.2.133過渡安定度
4.2.134整流
4.2.135整流帯
4.2.136整流周期
4.2.137整流磁界
4.2.138整流火花
4.2.139中性帯
4.2.140無火花帯
4.2.141電圧整流
4.2.142直線整流
4.2.143整流子リプル
4.2.144フラッシオーバ
4.2.145飽和係数
4.2.146漏れ係数
4.2.147電圧変動率
4.2.148総合電圧変動率
4.2.149固有電圧変動率
4.2.150速度変動率
4.2.151総合速度変動率
4.2.152固有速度変動率
4.2.153はずみ車効果
4.2.154蓄積エネルギー定数
4.2.155慣性係数
4.2.156加速定数
4.2.157リプル百分率
4.2.158頂上電圧
4.2.159公称励磁系頂上電圧
4.2.160励磁系電圧速応度
4.2.161励磁機速応度
4.2.162励磁系安定度
4.2.163単位法
4.2.164ノッチ
4.2.165ノッチ曲線
5 定格,運転と試験
5.1 負荷・使用と定格
5.1.01負荷
5.1.02全負荷
5.1.03部分負荷
5.1.04過負荷
5.1.05無負荷
5.1.06不平衡負荷
5.1.07休停止
5.1.08出力
5.1.09最大出力
5.1.10入力
5.1.11使用
5.1.12使用サイクル
5.1.13熱的平衡状態
5.1.14連続使用
5.1.15短時間使用
5.1.16反復使用
5.1.17始動の影響のある反復使用
5.1.18電気制動を含む使用
5.1.19反復負荷連続使用
5.1.20電気制動を含む反復負荷連続使用
5.1.21変速度反復負荷連続使用
5.1.22負荷時間率
5.1.23定格
5.1.24定格値
5.1.25連続定格
5.1.26短時間定格
5.1.27等価連続定格
5.1.28等価短時間定格
5.1.29反復定格
5.2 運転
5.2.01始動
5.2.02始動開始
5.2.03加速
5.2.04同期化
5.2.05理想同期化
5.2.06強制同期化
5.2.07電動機同期化
5.2.08前励磁同期化
5.2.09同期運転
5.2.10非同期運転
5.2.11同期引込
5.2.12同期外れ
5.2.13並列化
5.2.14理想並列化
5.2.15強制並列化
5.2.16全電圧始動
5.2.17低減電圧始動
5.2.18スターデルタ始動
5.2.19補償器始動
5.2.20開路式補償器始動
5.2.21閉路式補償器始動
5.2.22リアクトル始動
5.2.23一次抵抗始動
5.2.24二次抵抗始動
5.2.25分割巻線始動
5.2.26低周波始動
5.2.27始動電動機始動
5.2.28回転不整率
5.2.29乱調
5.2.30相差角動揺
5.2.31電圧確立
5.2.32脈動波
5.2.33リプル
5.2.34電流脈動率
5.2.35磁極滑り
5.2.36単相運転
5.2.37寸動
5.2.38クローリング
5.2.39クリーピング
5.2.40制動
5.2.41電磁制動
5.2.42電気制動
5.2.43発電制動
5.2.44直流制動
5.2.45回生制動
5.2.46逆相制動
5.2.47渦電流制動
5.2.48速度制御
5.2.49周波数制御
5.2.50電圧制御
5.2.51界磁制御
5.2.52抵抗制御
5.2.53突発短絡
5.2.54持続短絡
5.2.55三相短絡
5.2.56二相短絡
5.2.57単相短絡
5.2.58次同期速度
5.2.59超同期速度
5.2.60励磁
5.2.61不足励磁
5.3 試験
5.3.01効率
5.3.02総合効率
5.3.03実測効率
5.3.04規約効率
5.3.05損失
5.3.06固定損
5.3.07鉄損
5.3.08ヒステリシス損
5.3.09渦電流損
5.3.10機械損
5.3.11摩擦損
5.3.12軸受摩擦損
5.3.13ブラシ摩擦損
5.3.14風損
5.3.15負荷損
5.3.16直接負荷損
5.3.17漂遊負荷損
5.3.18抵抗損
5.3.19ブラシの電気損
5.3.20脈動損
5.3.21界磁抵抗損
5.3.22試験
5.3.23特性試験
5.3.24形式試験
5.3.25形式確認試験
5.3.26現地受渡し試験
5.3.27立会い試験
5.3.28効率試験
5.3.29制動動力試験
5.3.30電気動力計法試験
5.3.31カロリー法試験
5.3.32校正機試験
5.3.33返還負荷法
5.3.34減速法
5.3.35温度試験
5.3.36許容可測温度
5.3.37許容最高温度
5.3.38負荷試験
5.3.39実負荷試験
5.3.40等価負荷試験
5.3.41零力率試験
5.3.42無負荷試験
5.3.43拘束試験
5.3.44持続短絡試験
5.3.45突発短絡試験
5.3.46始動試験
5.3.47引入れトルク試験
5.3.48脱出トルク試験
5.3.49整流試験
5.3.50鉄心試験
5.3.51過速度耐力試験
5.3.52釣合試験
5.3.53振動試験
5.3.54騒音試験
5.3.55軸電圧試験
5.3.56極性試験
5.3.57耐電圧試験
5.3.58誘電正接試験
5.3.59部分放電開始電圧試験
5.3.60放電エネルギー試験
5.3.61インパルス電圧試験
5.3.62ターン間絶縁試験
5.3.63裕度
5.3.64過負荷容量/過負荷耐量
5.3.65試験電圧
6 付属機器
6.01始動器
6.02自動始動器
6.03電磁始動器
6.04電動操作始動器
6.05始動リアクトル
6.06始動抵抗
6.07始動抵抗器
6.08液体抵抗器
6.09始動補償器
6.10始動接触器
6.11滑り調整器
6.12自動電圧調整器
6.13界磁調整器
6.14界磁遮断器
6.15誘導分流器
6.16分流加減器
6.17同期検定器
6.18同期外れ継電器
6.19回転速度計
6.20ブレーキ

電気専門用語集についてのご意見ご要望は標準化推進室お願いします。

© 2017 一般社団法人 電気学会