電気学会 電気規格調査会 電気専門用語集の販売サイト

電気専門用語集(WEB版)






用語集No. 21


用語番号用語
1.00 共通
1.0.1 一般
1.0.1.01送電線路
1.0.1.02架空送電線路
1.0.1.03地中送電線路
1.0.1.04交流送電線路
1.0.1.05直流送電線路
1.0.1.06回線
1.0.1.07回線延長
1.0.1.08こう長
1.0.1.09送電容量
1.0.1.10許容電流
1.0.1.11交流導体抵抗
1.0.1.12許容導体温度
1.0.1.13公称電圧
1.0.1.14最高許容電圧
1.0.1.15常規運転対地電圧
1.0.1.16過電圧
1.0.1.17開閉過電圧
1.0.1.18開閉サージ
1.0.1.19短時間過電圧
1.0.1.2050%フラッシオーバ電圧
1.0.1.21商用周波耐電圧
1.0.1.22インパルス耐電圧
1.0.1.23開閉サージ倍数
1.0.1.24短時間過電圧倍数
1.0.1.25径間
1.0.1.26ねん架
1.0.1.27Sより
1.0.1.28Zより
2.00 架空送電線路
2.1 構成部
2.1.1 電線・地線
2.1.1.01架渉線
2.1.1.02電線
2.1.1.03架空地線
2.1.1.04単導体
2.1.1.05多導体
2.1.1.06素導体
2.1.1.07電線配列
2.1.1.08素線
2.1.1.09より線
2.1.1.10硬銅より線
2.1.1.11硬アルミより線
2.1.1.12亜鉛めっき鋼より線
2.1.1.13鋼心アルミより線
2.1.1.14鋼心耐熱アルミ合金より線
2.1.1.15鋼心イ号アルミ合金より線
2.1.1.16アルミ覆鋼より線
2.1.1.17光ファイバ複合架空地線
2.1.1.18防食電線
2.1.1.19接続管
2.1.1.20補修スリーブ
2.1.1.21アーマロッド
2.1.1.22ジャンパ
2.1.1.23ジャンパ補強装置
2.1.1.24ダンパ
2.1.1.25スペーサ
2.1.1.26ボンド線
2.1.1.27埋設地線
2.1.2 支持物
2.1.2.01支持物
2.1.2.02鉄塔
2.1.2.03鉄柱
2.1.2.04鉄筋コンクリート柱
2.1.2.05木柱
2.1.2.06山形鋼鉄塔
2.1.2.07鋼管鉄塔
2.1.2.08懸垂型支持物
2.1.2.09耐張型支持物
2.1.2.10引留め型支持物
2.1.2.11支線付き支持物
2.1.2.12四角鉄塔
2.1.2.13方形鉄塔
2.1.2.14えぼし形鉄塔
2.1.2.15門形鉄塔
2.1.2.16環境調和形鉄塔
2.1.2.17鉄塔主体
2.1.2.18腕金
2.1.2.19ベンド点
2.1.2.20継脚
2.1.2.21主柱材
2.1.2.22斜材
2.1.2.23水平材
2.1.2.24補助材
2.1.2.25結構
2.1.3 基礎
2.1.3.01基礎
2.1.3.02主脚材
2.1.3.03いかり材
2.1.3.04柱体部
2.1.3.05床板部
2.1.3.06杭基礎
2.1.3.07逆T字基礎
2.1.3.08べた基礎
2.1.3.09深礎基礎
2.1.3.10拡底基礎
2.1.4 がいし装置・金具
2.1.4.01がいし
2.1.4.02懸垂がいし
2.1.4.03長幹がいし
2.1.4.04ラインポストがいし
2.1.4.05耐塩懸垂がいし
2.1.4.06がいし連
2.1.4.07がいし装置
2.1.4.08懸垂がいし装置
2.1.4.09耐張がいし装置
2.1.4.10直吊り懸垂がいし装置
2.1.4.11V形懸垂がいし装置
2.1.4.12架線金具
2.1.4.13クランプ
2.1.4.14懸垂クランプ
2.1.4.15耐張クランプ
2.1.4.16ヨーク
2.1.4.17連結金具
2.1.4.18アークホーン
2.1.4.19シールドリング
2.2 設計
2.2.1 線路設計
2.2.1.01想定荷重
2.2.1.02固定荷重
2.2.1.03風荷重
2.2.1.04氷雪荷重
2.2.1.05設計風速
2.2.2 架渉線設計
2.2.2.01微風振動
2.2.2.02サブスパン振動
2.2.2.03スリートジャンプ
2.2.2.04ギャロッピング
2.2.2.05着雪
2.2.2.06着氷
2.2.2.07最大使用張力
2.2.2.08負荷係数
2.2.2.09カテナリ定数
2.2.2.10弛度
2.2.2.11径間長
2.2.2.12斜径間
2.2.2.13斜径間長
2.2.2.14臨界径間長
2.2.2.15等価径間長
2.2.2.16緊線区間
2.2.2.17サブスパン
2.2.3 支持物設計
2.2.3.01架渉線張力荷重
2.2.3.02荷重径間
2.2.3.03水平角
2.2.3.04基礎応力
2.2.3.05土の有効角度
2.2.4 絶縁設計
2.2.4.01標準絶縁間隔
2.2.4.02最小絶縁間隔
2.2.4.03異常時絶縁間隔
2.2.4.04最小アークホーン間隔
2.2.4.05最小相間絶縁距離
2.2.4.06クリアランスダイアグラム
2.2.4.07年間雷雨日数
2.2.4.08雷害事故率
2.2.4.09逆フラッシオーバ
2.2.4.10不平衡絶縁
2.2.4.11遮へい角
2.2.4.12塩じん害事故率
2.2.4.13塩分付着密度
2.2.4.14汚損区分
2.2.4.15汚損耐電圧
2.2.4.16急速汚損
2.2.4.17平常汚損
2.3 工事
2.3.1 調査・測量
2.3.1.01中心測量
2.3.1.02縦断測量
2.3.1.03実測平面図
2.3.1.04地盤高低差
2.3.1.05離隔距離(工作物等との)
2.3.2 施工
2.3.2.01検測
2.3.2.02台棒
2.3.2.03組立ウインチ
2.3.2.04トルクレンチ
2.3.2.05延線
2.3.2.06緊線
2.3.2.07移線
2.3.2.08線交しなし工法
2.3.2.09プレハブ架線工法
2.3.2.10クリッピングオフセット
2.3.2.11弛度観測
2.3.2.12防護足場
2.3.2.13圧縮器
2.3.2.14メッセンジャワイヤ
2.3.2.15金車
2.3.2.16架線ウインチ
2.3.2.17延線車
2.3.2.18リールワインダ
2.3.2.19緊線張力計
2.3.2.20カウンタウエイト
2.3.2.21カムアロング
2.3.2.22ジョイントプロテクタ
2.3.2.23宙乗り器
2.4 その他
2.4.1 保守
2.4.1.01不良がいし検出器
2.4.1.02がいし交換器
2.4.1.03がいし洗浄器
2.4.1.04検電器
2.4.1.05接地器具
2.4.1.06活線工具
2.4.1.07故障点標定装置
2.4.1.08導電性被服
2.4.1.09活線作業
2.4.2 安全設備
2.4.2.01昇降用設備
2.4.2.02鉄塔自動昇降装置
2.4.2.03墜落防止装置
2.4.2.04昇塔防止装置
3.00 地中送電線路
3.1 構成部
3.1.1 管路
3.1.1.01管路
3.1.1.02ハンドホール
3.1.1.03マンホール
3.1.1.04洞道
3.1.1.05共同溝
3.1.2 ケーブル
3.1.2.01電力ケーブル
3.1.2.02SLケーブル
3.1.2.03OFケーブル
3.1.2.04架橋ポリエチレンケーブル
3.1.2.05管路気中送電線
3.1.2.06がい装ケーブル
3.1.2.07トリプレックスケーブル
3.1.2.08POFケーブル
3.1.2.09導体
3.1.2.10圧縮導体
3.1.2.11中空導体
3.1.2.12分割導体
3.1.2.13素線絶縁導体
3.1.2.14絶縁体(ケーブルの)
3.1.2.15絶縁油(ケーブルの)
3.1.2.16クラフト紙
3.1.2.17脱イオン水洗紙
3.1.2.18半合成紙
3.1.2.19架橋ポリエチレン
3.1.2.20半導電層
3.1.2.21遮へい層
3.1.2.22ワイヤシールド
3.1.2.23油通路
3.1.2.24スキッドワイヤ
3.1.2.25シース
3.1.2.26防食層
3.1.3 付属品
3.1.3.01接続箱
3.1.3.02終端接続箱
3.1.3.03ガス中終端接続箱
3.1.3.04油中終端接続箱
3.1.3.05中間接続箱
3.1.3.06普通接続箱
3.1.3.07油止接続箱
3.1.3.08準油止接続箱
3.1.3.09絶縁接続箱
3.1.3.10異種接続箱
3.1.3.11Y分岐接続箱
3.1.3.12プレハブ形接続箱
3.1.3.13テープ巻き接続箱
3.1.3.14モールド形接続箱
3.1.3.15導体接続管
3.1.3.16コンデンサコーン
3.1.3.17モールドストレスコーン
3.1.3.18ベルマウス(終端接続箱の)
3.1.3.19分岐箱
3.1.3.20分岐管
3.1.3.21導体引出棒
3.1.3.22がい管(終端接続箱の)
3.1.3.23圧力油槽
3.1.3.24重力油槽
3.1.3.25クリート
3.1.3.26トラフ
3.1.3.27防食層保護装置
3.1.3.28ポンピングプラント
3.1.3.29給油管
3.1.3.30バルブパネル
3.2 設計
3.2.1 線路設計
3.2.1.01熱伸縮
3.2.1.02オフセット(ケーブルの)
3.2.1.03金属シースひずみ
3.2.1.04スネーク布設
3.2.1.05滑落現象(ケーブルの)
3.2.1.06反抗力
3.2.1.07不動域
3.2.1.08基底温度
3.2.1.09熱抵抗
3.2.1.10誘電損
3.2.1.11バックフィル
3.2.1.12シース損
3.2.1.13変化油量
3.2.1.14余裕油量
3.2.1.15許容油圧
3.2.1.16過渡油圧変化
3.2.1.17クロスボンド方式
3.2.1.18流電陽極方式
3.2.2 絶縁設計
3.2.2.01極性反転耐電圧
3.2.2.02許容ストレス
3.2.2.03V-t特性
3.2.2.04V-n特性
3.2.3 強制冷却設計
3.2.3.01間接冷却方式
3.2.3.02外部直接冷却方式
3.2.3.03内部冷却方式
3.2.3.04洞道風冷
3.2.3.05冷却装置
3.3 工事
3.3.1 管路工事
3.3.1.01開削工法
3.3.1.02シールド工法
3.3.1.03推進工法
3.3.2 ケーブル工事
3.3.2.01許容側圧
3.3.2.02許容曲げ半径
3.3.2.03ジャムレシオ
3.3.2.04鉛工
3.3.2.05キャタピラ
3.3.2.06コロ
3.3.2.07プーリングアイ
3.3.2.08ドラム
3.4 その他
3.4.1 保守
3.4.1.01故障点標定法
3.4.1.02直流漏れ電流法
3.4.1.03弱点比(ケーブルの)
3.4.1.04成極比(ケーブルの)
3.4.1.05トリー
3.4.1.06管路テレビカメラ
3.4.2 製造方法
3.4.2.01乾式架橋方式
3.4.2.02湿式架橋方式
3.4.2.03三層同時押出し
3.4.2.04ボイド

電気専門用語集についてのご意見ご要望は標準化推進室お願いします。

© 2017 一般社団法人 電気学会