電気学会 電気規格調査会 電気専門用語集の販売サイト

電気専門用語集(WEB版)






用語集No. 18


用語番号用語
1.00 一般
1.0.1電力用通信
1.0.2電力保安通信
1.0.3電力系統運用用通信
1.0.4電力系統保護用通信
1.0.5電力設備保守管理用通信
2.00 通信網、通信方式
2.1 通信網
2.1.1アナログ通信網
2.1.2ディジタル通信網
2.1.3サービス総合ディジタル網
2.1.4同期網
2.1.5独立同期
2.1.6従属同期
2.1.7相互同期
2.1.8ネットワークアーキテクチャ
2.1.9プロトコル
2.1.10共通線信号網
2.1.11網同期
2.1.12クロックパス
2.1.13網管理
2.1.14ノード
2.1.15リンク
2.1.16開放型システム間相互接続
2.1.17LAN
2.1.18WAN
2.1.19MAN
2.1.20トークンパッシング方式
2.1.21CSMA/CD
2.1.22TCP/IP
2.1.23ゲートウェイ
2.2 通信方式
2.2.1単信
2.2.2複信
2.2.3単向通信
2.2.4両方向通信
2.2.5同報通信
2.2.6周波数分割多重
2.2.7時分割多重
2.2.8振幅変調
2.2.9周波数変調
2.2.10位相変調
2.2.11振幅位相変調
2.2.12パルス符号変調
2.2.13デルタ変調
2.2.14パルス周波数変調
2.2.15適応差分PCM
2.2.16最小周波数シフトキーイング
2.2.17スペクトラム拡散方式
2.2.18両側波帯伝送
2.2.19単側波帯伝送
2.2.20残留側波帯伝送
2.2.21ピンポン伝送方式
2.2.22同期転送モード
2.2.23非同期転送モード
2.3 交換方式
2.3.1交換
2.3.2回線交換
2.3.3蓄積交換
2.3.4パケット交換
2.3.5クロスバ交換方式
2.3.6電子交換方式
2.3.7時分割交換方式
2.3.8信号方式
2.3.9共通線信号方式
2.3.10回線個別信号方式
2.3.11呼量
2.3.12呼損率
2.4 多重化方式
2.4.1網同期多重
2.4.2スタッフ同期多重
2.4.3ディジタルハイアラーキ
2.4.4同期ディジタルハイアラーキ
2.4.5クロスコネクト
2.4.6フレーム
2.4.7フレーム構成
2.4.8網同期装置
2.4.9同期多重端局装置
2.4.10キャリヤリレー多重変換装置
2.4.11AIS信号
2.5 品質、特性
2.5.1伝送品質
2.5.2通話品質
2.5.3通話当量
2.5.4鳴音安定度
2.5.5性能保障範囲
2.5.6動作保障範囲
2.5.7機能稼働率
2.5.8SN比
2.5.9減衰ひずみ
2.5.10位相ひずみ
2.5.11群遅延ひずみ
2.5.12非直線ひずみ
2.5.13不規則ひずみ
2.5.14瞬断
2.5.15漏話
2.5.16等化器
2.5.17CN比
2.5.18伝送遅延
2.5.19ジッタ
2.5.20ワンダ
2.5.21バースト誤り
2.5.22ビット誤り率
2.5.23キャラクタ誤り率
2.5.24ブロック誤り率
2.5.25見逃し誤り率
2.5.26アイパターン
2.5.27%ES
2.5.28スリップ
2.5.29ロールオフ特性
2.5.30自動利得制御
2.5.31エコーキャンセラ
3.00 有線通信
3.1 一般
3.1.1通信線
3.1.2電力線搬送通信
3.1.3通信ケーブル搬送
3.1.4同軸ケーブル搬送
3.1.5光ファイバ通信
3.1.6添架通信線
3.1.7共架通信線
3.1.8独立通信線
3.1.9地中通信線
3.1.10自己支持形通信ケーブル
3.1.11鋼帯外装通信ケーブル
3.1.12中間配線盤
3.1.13本配線盤
3.1.14ケーブル保安装置
3.2 電力線搬送
3.2.1送電線搬送通信
3.2.2架空地線搬送通信
3.2.3配電線搬送通信
3.2.4伝送回路方式
3.2.5一線大地間結合伝送方式
3.2.6二線大地間結合伝送方式
3.2.7線間結合伝送方式
3.2.8回線間結合伝送方式
3.2.9結合方式〔電力線搬送〕
3.2.10コンデンサ結合方式
3.2.11分布結合方式
3.2.12結合相
3.2.13残線
3.2.14電力線搬送通信システム
3.2.15結合装置
3.2.16結合コンデンサ
3.2.17結合フィルタ
3.2.18変成器形結合フィルタ
3.2.19保安装置〔電力線搬送〕
3.2.20ブリッジ装置〔電力線搬送〕
3.2.21ブロック装置
3.2.22ライントラップ
3.2.23単周波同調形ライントラップ
3.2.24二周波同調形ライントラップ
3.2.25フィルタ形ライントラップ
3.2.26電力線搬送装置
3.2.27電力線搬送電話端局装置
3.2.28コンパンダ
3.2.29漏えい電界
3.2.30ピーク包絡線電力
3.2.31排流コイル
3.2.32アースコイル
3.3 光ファイバ通信
3.3.1光ファイバ
3.3.2ステップ形光ファイバ
3.3.3グレーデッド形光ファイバ
3.3.4多モード光ファイバ
3.3.5単一モード光ファイバ
3.3.6カットオフシフト光ファイバ
3.3.7分散シフト光ファイバ
3.3.8光ファイバケーブル
3.3.9ノンメタリック光ファイバケーブル
3.3.10光ファイバ複合電力ケーブル
3.3.11光ファイバ複合架空地線
3.3.12テープ心線
3.3.13スプライシング
3.3.14光ファイバ通信システム
3.3.15光端局装置
3.3.16E/O(O/E)変換器
3.3.17強度変調
3.3.18波長分割多重
3.3.19レーザダイオード
3.3.20発光ダイオード
3.3.21ホトダイオード
3.3.22アバランシホトダイオード
3.3.23光分波合波器
3.3.24光分岐結合器
3.3.25コヒーレンス
3.3.26コヒーレント通信
3.3.27OTDR
3.3.28吸収損
3.3.29レイリー散乱
3.3.30散乱損
3.3.31分散
3.3.32モード分散
3.3.33材料分散
3.3.34構造分散
3.3.35マイクロベンディング損
3.3.36開口数(NA)
3.3.37モードフィールド径
4.00 無線通信
4.1 一般
4.1.1マイクロ波通信
4.1.2準ミリ波通信
4.1.3ミリ波通信
4.1.4移動通信
4.1.5衛星通信
4.1.6多方向多重無線
4.1.7マルチチャネルアクセス
4.1.8セルラー方式
4.1.9実効放射電力
4.1.10干渉雑音
4.2 マイクロ波通信
4.2.1マイクロ波無線通信システム
4.2.2マイクロ波無線装置
4.2.3搬送端局装置
4.2.4PCM端局装置
4.2.5ディジタル多重変換装置
4.2.6トランスマルチプレクサ
4.2.7パラボラアンテナ
4.2.8レードーム
4.2.9導波管
4.2.10無給電中継方式
4.2.11ビーム給電方式
4.2.12直接中継方式
4.2.13ヘテロダイン中継方式
4.2.14検波中継方式
4.2.15基礎超群中継
4.2.16基礎群中継
4.2.17雑音配分
4.2.18バックオフ
4.2.19フェージング
4.2.20ダイバーシチ受信
4.2.21降雨減衰
4.2.22入射角変動
4.2.23フレネルゾーン
4.2.24ドロップアウトマージン
4.2.25瞬断率
4.2.26スケルチ
4.2.27準漏話雑音
4.2.28量子化雑音
4.2.29打合せ回線
4.3 衛星通信
4.3.1静止衛星
4.3.2姿勢制御
4.3.3スピン安定法
4.3.4三軸安定法
4.3.5トランスポンダ
4.3.6VSAT
4.3.7Kuバンド
4.3.8Kaバンド
4.3.9SCPC方式
5.00 データ伝送
5.0.1データ通信
5.0.2データ伝送
5.0.3全二重
5.0.4半二重
5.0.5同期式
5.0.6非同期式
5.0.7データ信号速度
5.0.8変調速度
5.0.9キャラクタ
5.0.10ブロック
5.0.11多値信号
5.0.12ベースバンド伝送
5.0.13ブロードバンド伝送
5.0.14ビット同期
5.0.15調歩同期
5.0.16フレーム同期
5.0.17伝送制御手順
5.0.18基本形データ伝送制御手順
5.0.19ハイレベルデータリンク制御手順
5.0.20LAP-B
5.0.21フレーム構成〔HDLC〕
5.0.22ポーリング
5.0.23セレクティング
5.0.24コンテンション方式
5.0.25誤り制御方式
5.0.26返送照合
5.0.27自動連送
5.0.28パリティ検査
5.0.29定マーク符号
5.0.30ハミング符号
5.0.31巡回符号
5.0.32巡回冗長検査
5.0.33生成多項式
5.0.34再送訂正方式
5.0.35データ伝送効率
5.0.36モデム
5.0.37自動等化器
5.0.38スクランブラ
5.0.39デスクランブラ
5.0.40ベアラレート
5.0.41網制御装置
5.0.42データ回線終端装置
5.0.43局内回線終端装置
5.0.44ディジタル回線終端装置
5.0.45パケット多重化装置
5.0.46エンベロープ信号
5.0.4764kユニバーサル信号
5.0.48AMI符号
5.0.49B8ZS符号
5.0.50バイポーラバイオレーション
5.0.51CMI符号
5.0.52BSI
5.0.53mBnC符号
5.0.54GPIB
5.0.55RS-232C
6.00 通信応用装置
6.1 テレメータ
6.1.1テレメータ
6.1.2アナログテレメータ
6.1.3ディジタルテレメータ
6.1.4サイクリック伝送
6.1.5サイクリックディジタル情報伝送装置
6.1.6遠隔表示装置
6.1.7状変伝送
6.1.8伝送フォーマット
6.1.9ワード構成
6.1.10アドレスビット
6.1.11サインビット
6.1.12フラグビット
6.1.132進化10進表記法
6.1.14スーパコミュテーション
6.1.15サブコミュテーション
6.1.16一次変換器
6.1.17雨量テレメータ
6.2 遠隔監視制御装置
6.2.1遠隔監視制御装置
6.2.2集中監視制御方式
6.2.3SCADA
6.2.4制御情報
6.2.5監視情報
6.2.6計測情報
6.2.7選択制御
6.2.8一挙動操作(選択制御)
6.2.9二挙動操作(選択制御)
6.2.10数値制御
6.2.11選択計測
6.2.12制御渋滞
6.2.13表示渋滞
6.2.14反転試験
6.2.15音声周波電圧信号方式
6.2.16電圧変化信号方式
6.3 搬送保護継電装置
6.3.1搬送保護継電方式
6.3.2位相比較継電方式
6.3.3方向比較継電方式
6.3.4電流差動継電方式
6.3.5サンプリング同期
6.3.6故障時搬送波送出方式
6.3.7常時搬送波送出方式
6.3.8転送引外し
6.3.9信号端局装置
6.3.10誤不動作率
6.3.11誤動作率
6.3.12系統安定化装置
6.4 故障点標定装置
6.4.1送電線故障点標定装置
6.4.2パルスレーダ式故障点標定装置
6.4.3サージ受信式故障点標定装置
6.4.4インピーダンス式故障点標定装置
6.4.5C形故障点標定装置
6.4.6F形故障点標定装置
6.4.7B形故障点標定装置
6.4.8P形故障点標定装置
6.4.9I0形故障点標定装置
6.4.10R形故障点標定装置
6.4.11標定率
6.4.12がいし分圧器
6.4.13サージ受信回路
6.5 画像通信
6.5.1画像通信
6.5.2画像符号化装置
6.5.3ITVシステム
6.5.4テレビ会議システム
6.6 その他
6.6.1ページングシステム
6.6.2送電線放送
6.6.3送電線監視システム
6.6.4ダム放流警報
7.00 通信用電源
7.0.1無停電電源方式
7.0.2静止形交流無停電電源方式
7.0.3定電圧-定周波電源装置
7.0.4インバータ
7.0.5自動電圧調整器
7.0.6太陽電池電源装置
7.0.7定電圧浮動充電装置
7.0.8サイリスタ整流方式
7.0.9高周波スイッチング整流方式
7.0.10負荷電圧補償回路
7.0.11蓄電池
7.0.12浮動充電
7.0.13均等充電
7.0.14垂下特性
7.0.15突入電流
7.0.16信号接地
7.0.17きょう体接地
7.0.18絶縁抵抗
7.0.19絶縁耐力
7.0.20インパルス耐電圧
7.0.21等価逆相電流
7.0.22電源保安装置
8.00 雑音、誘導
8.1 雑音
8.1.1白色雑音
8.1.2インパルス性雑音
8.1.3コロナ雑音
8.1.4高調波雑音
8.1.5がいし雑音
8.1.6開閉雑音
8.1.7故障雑音
8.1.8誘導雑音
8.1.9伝導雑音
8.1.10放射雑音
8.1.11高周波雑音
8.1.12熱雑音
8.1.13ノーマルモードノイズ
8.1.14コモンモードノイズ
8.1.15評価雑音電圧
8.1.16準ピーク値
8.1.17雑音余裕値
8.1.18電磁干渉
8.1.19イミュニティ
8.1.20EMC
8.2 誘導
8.2.1電磁誘導
8.2.2静電誘導
8.2.3誘導縦電圧
8.2.4起誘導電流
8.2.5常時誘導電圧
8.2.6異常時誘導電圧
8.2.7等価妨害電流
8.2.8等価雑音電流
8.2.9高調波含有率
8.2.10雑音平衡度
8.2.11回線平衡度
8.2.12遮へい効果
8.2.13遮へい線
8.2.14遮へい係数
8.2.15都市効果係数
8.2.16総合遮へい係数
9.00 関連分野
9.1 給電
9.1.1自動給電システム
9.1.2階層制御
9.1.3経済負荷配分制御
9.1.4負荷周波数制御
9.1.5運転基準値指令装置
9.2 電子計算機、情報処理
9.2.1ハードウェア
9.2.2ソフトウェア
9.2.3ファームウェア
9.2.4オペレーティングシステム
9.2.5データベース
9.2.6集中処理
9.2.7分散処理
9.2.8リアルタイム処理
9.2.9オンライン処理
9.2.10冗長システム
9.2.11デュアルシステム
9.2.12デュプレックスシステム
9.2.13フェイルセイフ
9.2.14CPU
9.2.15通信制御装置
9.2.16FEP
9.2.17プロセス入出力装置
9.2.18インタフェース
9.2.19マイクロプロセッサ
9.2.20RAM
9.2.21ROM
9.2.22エキスパートシステム
9.2.23ビデオテックス
9.2.24電子メール
9.3 配電自動化システム
9.3.1配電自動化システム
9.3.2高圧結合器

電気専門用語集についてのご意見ご要望は標準化推進室お願いします。

© 2017 一般社団法人 電気学会